月桂冠トップ > 企業情報 > 環境への取り組み

酒庄酒

酒造りでは、米を原料として醸造する工程で生じる副産物を、さまざまな用途に活用します。精米で出た糠は、米ぬか油などの原料として有効に利用されます。しぼった酒粕は主として食用に供され、一部は肥料や飼料としても利用されるなど、製造工程の副産物は、余すところなく利用されています。一方で、原料の処理や運搬、微生物が働きやすい環境を整えるために動力や熱源などのエネルギーが必要となります。

当社では、生産工程での省エネルギー対策や、省資源対策を行うとともに、酒粕を肥料として用いた循環型農業への取組み、小学校での環境学習授業の実施、食用にならない植物を原料にしたバイオエタノール生産技術の開発、地域の清掃活動への参加など、幅広い活動に取り組んでいます。

保利酒庄

贝克酒庄

月桂冠は、地球温暖化防止に向けた取り組み、および省エネルギー・節電対策の一環として、環境省が提唱する「クールビズ」を実施しています。全事業所・全従業者を対象にノーネクタイ・ノー上着などの軽装勤務を導入、夏季の一定期間、適正な冷房温度設定として室温28℃を目安に管理し、「クールビズ」に賛同する旨を、環境省が提供するロゴマークなどを使用して事務所内外に表示しています。

環境省「クールビズ」COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。